「ほっ」と。キャンペーン

愛娘(犬)?の日常を中心にお話します!


by ume1030momo1110

繋がった命


今年は少しだけ里親探しに協力が出来ました。

いろんなところで目にする里親募集。

我が家はダメだったけど、

知人に繋げることが出来ましたので報告。


f0217860_19115787.jpg


まずはてこちゃんの実家CACIさんに

センターから出していただいたチワワちゃんが

友人の家に嫁入りしました。

大人が苦手で子どもが好きな子で、

新しい名前は「ニコ」ちゃん。

子どもたちは三姉妹になりました。

たまに遊びに行くと、

ウツボのようにハウスに入ってしまいますが、

家族とはうまくやってるみたいです。

センターでは震えていたチワワちゃんが、

埼玉で幸せになりました!


f0217860_19115837.jpg


次はニャンコ。

Kさん宅の前に捨てられていた♂ニャンコ。

里親を探さなきゃと聞いていた時に、

前の職場の先輩からメールが。

どこかで子猫を譲ってもらえないか?

母がペットロスになってしまって、との事。

子猫じゃないけどいますよ〜と話をすると、

その後はとんとん拍子で話がまとまり、

新しい名前は「大(だい)」ちゃん。

東京で幸せをゲットしました。

その後、♀ニャンコも里親になり、

今は二頭で幸せになっています。

お姉様はつれなくて、

大ちゃんは振り回されているとかいないとか?


f0217860_19115836.jpg


そして最後はバーニーズの男の子。

職場の方の両親が飼っていたバーニーズが

ちょっと前に亡くなって、

新しい子を探しているとの事。

職場で唯一保護犬について話せる人で、

某団体にいるよ〜!と教えると、

その2日後くらいに会いに行くことに。

実はこの子、右後ろ足が奇形と書かれていて、

その事も含めて教えたのだけど、

足が不自由なくらいの方が親も育てやすいよと

全然気にする様子もなく、

正直、見なくて決めるなんて凄いと、

我が友人ながら尊敬の眼差しの私。

夏休み期間という事もあって、

私も休暇を取って東京から埼玉の北部まで、

一緒にレスキュー。

バーニーズなのに、身体が大きいのに、

身動き出来ないようなゲージに入って、

小さくなっていた子。

彼女は即決で連れて帰りますと言っていた。

生後5ヶ月との事だったが、

本当に軽くてびっくりした。

その子は「葉月」くんになった。


はー君は奇形と言われていたが、

病院で診察したら、

膝蓋骨が正しい場所になくて、

それが原因で膝が曲がらないでいた。

そこから形成手術をすることになったけど、

いざ開いてみたら、筋肉が拘縮していて、

膝蓋骨が動かせず、一度閉じて終了。

再度骨切り術で下腿部の骨を短くして、

筋肉の動きを出す手術をした。

9時間に及ぶ大手術で、

先生もはー君も頑張って無事に成功した。

手術前はトイレの度に風呂場で洗わないとで

お世話が大変だったけど、

術後はトイレをしても身体が汚れなくなった。

少しずつリハビリも始めている。



はー君の為に家族中で協力しあっていて、

はー君も本当に幸せになりました。


上半期?に繋がった、私の周りでの命。

小さな一歩だけど、

どんどん広がれば大きな力になる。

日本中に幸せの赤い糸が、

たくさんたくさん繋がりますように。

私に出来る事は限られているけど、

やらないよりはやるべし。

そう思いながら続けていく。


勝手に写真掲載しちゃいました。

皆さん、許してね!




良かったらぽちっとお願いします!


にほんブログ村 犬ブログ プチバセへ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ ケアーンテリアへ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村



[PR]
by ume1030momo1110 | 2015-11-04 18:52 | 里親